本文へスキップ

滋賀県守山市播磨田町にある整形外科、
 内科、外科、リハビリ科の医院です。

電話でのご相談・お問い合わせはTEL.077-514-0003

〒524-0012 滋賀県守山市播磨田町1456−1

ロコモ教室のご案内locomotive syndrome

※ ロコモ教室のご案内

 ロコモ予防で、
    健康寿命を目指しましょう!

 〜ロコモ予防教室で体操をしましょう〜

かさはら医院

 

ロコモとは、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)の通称です。

骨や関節、筋肉などの衰えが原因で、「立つ」「歩く」といった移動機能が低下している状態のことをいいます。そのまま放置しておくと、転倒しやすくなったり、介護が必要になったりします。

※次回のロコモ教室は、令和2年10月7日(水)を予定しています。
下記の「ロコモ体操動画」を、ご家庭等で、ぜひご視聴頂ければ幸いです。


※ 配信動画一覧 ※
1.ロコモ体操動画@(約3分:54M)

 椅子スクワット


2.ロコモ体操動画A(約3分:31M)

 片足立ち体操


3.ロコモ体操動画B(約5分:50M)

 ふくらはぎ体操


4.ロコモ体操動画C(約6分:54M)

 背中と腰の体操


☆かさはら医院の理学療法士から一言☆

皆さん、コロナ影響で家に閉じこもりになっていないですか?体を動かす機会が減ると、内臓が弱くなったり筋力が低下します。特にご年配の方は、転倒しやすくなったり、寝たきりにもつながります。天気の良い日は、人気がまばらなところを選んで歩きましょう。脚の筋力低下を防ぐ、ロコモ予防の運動を一つご紹介します。

@椅子スクワット
まず、椅子を用意します。普通の食卓椅子でもなんでも結構です。
腕を組んで座ります。立ったり座ったりします。
コツは足を引き気味にすること。
そして、腰を曲げ、勢いをつけてください。
立ったら、体をシャキッと伸ばして下さい。

最初は1回から始め、計10回できることを目標にして下さい。
できるようになったら、少しづつ早くやってみて下さい。
慣れましたら、朝昼晩とやってみて下さい。

※注意すること
@ただし、息苦しさや腰・膝の痛みがある方は、かかりつけ医などの医師に相談してから初めて下さい。
A座る時にドスンと尻もちをつかないようにして下さい。腰をしっかり曲げるのがコツです。

当院では、この動画内の20センチの高さから10回立ち座りできるようになった90歳の男性患者様もおられます。
-----------------------------------------
    コロナに負けるな!!
-----------------------------------------


かさはら医院

 

イメージ001家に閉じこもって動かないでいると、筋力が低下し、内臓が弱くなります。

体を動かすようにしましょう。

 

天気が良い日は人込みをさけて散歩しましょう。

 

イメージ002時々、脈拍がちょっと早くなる程度の速足で歩いてみましょう。

より効果的です。

 

歩行が不安定な方は両手にステッキを持つと安全です。

 

 

肩ぐるぐる体操

@背中の肩甲骨を動かすように、できるだけ大きく回します。

A内回し・外回し 各10、朝昼夕の3セット。

運動イメージ001

 

腰部のストレッチ

@息を吐きながら、できるだけゆっくり背中を丸めてください。

A肩幅に脚を開き、その中に頭を入れ、10秒かけてゆっくり曲げ、腰が伸ばされている感じを味わいましょう。

運動イメージ002

 

椅子スクワット 

@ゆっくり、早くしたりして見てください。

A10回 朝昼夕の3セット

運動イメージ003

 

膝伸ばし脚上げ

@椅子スクワットが難しい方もできます。

A膝の伸ばしたまま、太もも内側の筋肉に力こぶを作るように挙げましょう。

B左右10

運動イメージ004

 

★持病がある方、体操中、肩や腰、膝に痛みがある場合はかかりつけの医師へ相談してください。

★体操についての質問は、かさはら医院の医師、理学療法士へ。

-----------------------------------------


Kasahara Clinic医療法人 かさはら医院

〒524-0012
滋賀県守山市播磨田町1456−1
TEL077-514-0003
FAX 077-514-0006
↓かさはら医院のホームページ↓ https://kasaharaiin.com/ かさはら医院のマスコット犬